交通事故による後遺症で苦しんでおられる方はこちらへ

交通事故被害による後遺症で、長年にわたって苦しい思いをされている方もいらっしゃるでしょう。
交通事故による機能障害が医師によって認められ、自賠責保険の等級に当てはまると後遺傷害として認定され賠償金が支払われます。
しかし、後遺症をもったすべての人が認定されるわけではありません。
年間10万件以上の申請があるなか、後遺障害が認定されるのは約6万件ほどです。
認定されなかった4万件のなかには、誤った判断をされているケースも存在しているのです。
そのため異議申立という制度があり、これは誰もが申請できるものとなっています。

実際異議申立は年間1000人以上が行い、そのうち600〜700件の申請が認められ賠償金の増額につながります。
しかし、この異議申立は個人でおこなった場合変更されないことがほとんどです。
一度認定された結果を覆すには、それ相当な理由を提示しなければいけません。
それをサポートしてくれるのが異議申立サポートドットコムです。
こちらには交通事故に関する知識や経験が豊富な専門弁護士が在籍しているため、異議申立に必要なことを的確にアドバイスしてくれるでしょう。
後遺障害に認定されると、後遺障害慰謝料も等級に応じて支払われることになります。
後遺症で苦しまれている方にとっては、医療費や生活費で大きなサポートになりますから、ぜひ無料診断からお試しください。