しりとり王国の内藤まろさん

子供の頃はけっこう見ていたのに、いつの間にか見なくなってしまったテレビ番組にNHKの「みんなの歌」があります。
他の子ども番組などとともにかなり見ていたはずなのに、いつの間にか見なくなってしまいました。
それが、ふとしたきっかけで「しりとり王国」を見る機会がありました。
とても不思議な映像作品で、どこか懐かしささえ感じられます。
その「しりとり王国」の制作したのが、内藤まろだと知ったのはもう少し後になってからです。
これまで内藤まろさんが、多くの映像作品やイラストを制作してきたことをその時知りました。
日本人なら、きっと彼の作品を目にしたことがないという方はいないのではないでしょうか。
彼の作品は、ちょっとユニークでユーモラスで、なのにどこか不思議で、ちょっと小首をかしげたくなるようなそんな不思議な魅力のある作品ばかりです。
見ているうちに何か懐かしさすれ感じられるそんな作品です。
本当に力のあるクリエーターが作り出す作品は、みんなこんな不思議な魅力を持っているのかもしれません。